リシェルMAM&BABYの2ch(チャンネル)の書き込みを調査してみた

リシェルMAM&BABYの2ch(チャンネル)の書き込みを調査してみた

リシェルMAM&BABYの口コミは2ch上には上がっていませんでした。
そのためネット上で見かけた他の書き込みに関して、いくつか紹介します。

アトピーなど肌トラブルを抱えているわたしでも使うことができました。
これまで日焼け止めは全部アウトだったため、やっと使える日焼け止めに巡り合えてうれしいです。
こちらは乳液代わりとして普段の保湿ケアにも使えます。(40代女性)

敏感肌のため他の市販されている日焼け止めだと肌がカサカサになるのですが、MAM&BABYはしっとりのため乾燥しません。
クレンジング不要で落とすことができ、保湿クリームとしても活用できるため、スキンケア用としても用いています。
両方の役割を果たせるから非常にコスパがよく、使うと綺麗な艶肌になるのもおすすめです。(30代女性)

ミルクというよりもクリームのような、割としっかり系のテクスチャーです。
紫外線散乱剤不使用のため白浮きが全くないのが嬉しく、とても艶感を実感できるクリームになります。
口コミで匂いがあると書かれていたので心配でしたが、自分は全く感じず安心しました。
無香料が良いという人以外は、大丈夫な程度のほのかな香りです。(30代女性)

MAM&BABYに関する口コミは少ないのですが、寄せられている感想はどれも良いです。
安心して使える日焼け止めクリームでしょう。

→詳細はこちら

MAM&BABYリシェルは肌に優しいけど日焼け止めの効果なし?アリ?

MAM&BABYリシェルの日焼け止めは肌への優しさに定評がありますが、肝心の日焼け止め効果はどうなのでしょうか?
日焼け止め効果があるか調べてみました。

MAM&BABYの日焼け止めは、SPFが弱いため効果なしという噂がありますが、確かにSPF自体は17.7と高くありません。
そのため十分な効果が得られないのではと心配になるかもしれませんね。
MAM&BABYの日焼け止めのSPFが低いのには理由があり、天然由来の成分だけで作られているからです。
従来の日焼け止めとは異なり、余分な成分は一切配合していません。
MAASと呼ばれる安全な自然原料のみを用いているため、SPFがそこまで高くないのはある意味仕方がないことです。
しかしながらSPFが低くても、MAM&BABYの日焼け止めは日常シーンで使う分にはしっかりと効力を発揮してくれます。
海水浴など、特別日差しが強い場所で用いるには効果が弱いですが、普段遣いをする分には問題ないでしょう。
また普段効果を十分に実感するためには、こまめに塗り直すのが大切です。

MAM&BABYの日焼け止めは、天然成分で作られておりSPF値は低いです。
とはいえ日差しが強くない場所で用いる分には、効果を感じることができます。

→詳細はこちら

MAM&BABYリシェルは効かない?日焼け止めの主成分は何なの?

MAM&BABYリシェルは効かないという噂がありますが本当でしょうか?
リシェルの日焼け止めの主成分が何なのかと共に解説していきます。

MAM&BABYリシェルの日焼け止めの主成分は、MAASと呼ばれる天然由来の成分で、主に魚類や藻類が蓄えているものになります。
海藻などが独自に持っている紫外線から身を守るためのバリアが出来る成分と考えればよいでしょう。
そのバリア成分を、魚類や藻類から抽出したのがMAASです。
このようにMAASは天然成分で安全性が高いのが魅力なのですが、その一方でSPF値は低いです。
日焼け止めとしての効果としては、一般的にはSPF値が高い方が効きやすいと考えられています。
しかしながらリシェルの日焼け止めはSPF値17.7はあるため、日常生活で用いる分には何の問題もありません。
SPF50などの日焼け止めと比べると、効果としては弱いかもしれませんが、こまめに塗り直すことで十分に肌を守れます。
加えて安全性が高く、肌への保湿効果なども高いため、総合的に考えると優れた日焼け止めと言えるでしょう。

MAM&BABYのリシェルの主成分は藻類などから抽出された天然成分です。
日焼け止め効果は少し弱いですが、効かないわけではありません。

→詳細はこちら

皮膚科と共同開発?リシェルMAM&BABYに副作用はないか徹底解剖

リシェルのMAM&BABYの日焼け止めは、皮膚科と共同開発したというのは本当でしょうか?
副作用はないかについても解説します。

結論から言いますと、MAM&BABYの日焼け止めに副作用はなく非常に安全です。
むしろMAASと呼ばれる天然成分のみで作られた日焼け止めのため、市販の他の日焼け止めよりも安全度は高いでしょう。
一般的な日焼け止めには紫外線散乱材などが配合されていますが、このような成分をMAM&BABYは用いていません。
赤ちゃんや肌の弱い人への使用を推奨しているくらい、安心して使えるものになります。
また皮膚科と共同開発したという噂も本当で、原料を選ぶ段階から皮膚科が携わっています。
普段からアトピー肌や敏感肌の人の診療をおこなっている、皮膚科医の意見を取り入れて作った日焼け止めです。
敏感肌の人でも使えるように保湿力を高くしているのもMAM&BABYの特徴でしょう。
肌に安心して使えるという点に、徹底してこだわった日焼け止めです。
日焼け止めですが、普段のスキンケア用品として使う人が多いくらい、肌に優しい商品です。

MAM&BABYリシェルの日焼け止めは副作用の心配がなく安心して使えます。
天然成分のみを配合してるため、赤ちゃんや肌が弱い人にもおすすめです。

→詳細はこちら

親子でリシェルのMAM&BABYを使う人たちの評判に迫ってみた

リシェルのMAM&BABYは新生児から使える日焼け止めのため、親子で使う人も多いです。
今回は親子で使用している人たちの口コミ評判を紹介します。

普通の日焼け止めだと赤ちゃんの肌に合わないため、肌に合うという点がとても大事です。
こちらは匂いも優しくラベンダーの良い香りだし、白浮きもしないことから使いやすいです。
ちょっと高級な日焼け止めにはなりますが、肌に合うというのがやはり魅力的なのでお気に入りになります。(20代女性)

無添加のため赤ちゃんに使うことができ、ちょっとしたお出かけの際に活用しています。
石鹸やお湯で洗い流せるため、とても使い勝手がよいです。
大人も一緒に使用できるため、これ1本で家族のスキンケアが出来てしまうのも魅力。(30代女性)

やっと出会えたと感じるほど良い日焼け止めで、日焼け止め特有の肌への不快感が全くないです。
保湿力にも長けているため赤ちゃんに使うこともできるし、クレンジングしなくても落とせるのも魅力でしょう。
本当にずっと前からこのような日焼け止めが欲しかったため、リピート間違いなしです。(30代女性)

このように親子で使用するのにピッタリという意見が目立ちます。
MAM&BABYの日焼け止めは、特に赤ちゃんのいるご家庭では重宝しそうですね。

親子でリシェルのMAM&BABYを使う人たちの評判に迫ってみた

→詳細はこちら