LogicalFX(ロジカルFX) 小林良治 ファンド&コンサルティングレビューと評価 実践者の声

LogicalFX(ロジカルFX) 小林良治 ファンド&コンサルティングレビューと評価 実践者の声

→詳細はこちら

小林良治 ファンド&コンサルティングさんが書いたLogicalFX(ロジカルFX)って、
いろいろな噂を聞くんだけど、本当なのかなあ。

水平線で環境分析することで、エントリーポイントがある程度絞られるので、
その時点だけで勝率が7割以上になることになります。

トレード執行時間足レベルで更にエントリーポイントが絞られるので、
それを考慮すると勝率が8割以上になります。

利を伸ばし続けることが出来るようになるのです。。

利食いと損切りの比率を単純に1:1に設定した場合、
スプレッドを考慮すると5.5割以上の勝率があればトータルでプラスになるので、
エントリーポイントがかなりの精度で絞られていることを考えると、
論理的に6、7割以上の勝率を出せることになります。

エントリーの材料は水平線しかないので、
注力するポイントや分析するポイントが1つに限られており、
やればやるほど、常識的に分析の精度が高くなり、それに比例して勝率も高くなります。

本当に効果があるのかな?

どうなのかな?

今後もLogicalFX(ロジカルFX)の内容について理解を深めていき、
自分の中でより確実なものとして、
安定して利益を出し続けられるトレードができるようになりたいと思っています。

LogicalFX(ロジカルFX)を購入し、勉強させていただいております。

LogicalFX(ロジカルFX)と共に小林良治様のブログも拝見しておりますが、具体的で分かりやすい解説が大変参考になり、毎日食い入るように見ております。お忙しい中、毎日有益なブログを更新して下さり、本当にありがとうございます。

ともかく、期待を満たすマニュアルでした。

LogicalFX(ロジカルFX)で勉強させて頂いてから、
以前よりもシナリオの立て方が具体的になってきたように思います。

レジサポについての考え方もより深い知識がついてきたように思います。

こちらのLogicalFX(ロジカルFX)購入以前より、
レジサポラインとダウ理論に基づいた押し目買い、
戻り売りの裁量トレードについて勉強していたのですが、
シナリオの立て方や、
レジサポの重要度についの理解があいまいで、
月トータルでは少しプラスではあるものの、
安定した大きな利益には結びついておらず、
自信をもってできるトレードが少ないという状況でした。

っていうのが、ちょっと怪しい気もするけど、
理論的で具体的で再現性があるって評判になってる。

ダメ元でやってみてもいいかなー。

→詳細はこちら