LogicalFX(ロジカルFX) 小林良治 ファンド&コンサルティング再現性と実践方法(やり方)

LogicalFX(ロジカルFX) 小林良治 ファンド&コンサルティング再現性と実践方法(やり方)

→詳細はこちら

LogicalFX(ロジカルFX)が、かなり売れているって、評判だよね。

水平線で環境分析することで、エントリーポイントがある程度絞られるので、
その時点だけで勝率が7割以上になることになります。

トレード執行時間足レベルで更にエントリーポイントが絞られるので、
それを考慮すると勝率が8割以上になります。

利を伸ばし続けることが出来るようになるのです。。

利食いと損切りの比率を単純に1:1に設定した場合、
スプレッドを考慮すると5.5割以上の勝率があればトータルでプラスになるので、
エントリーポイントがかなりの精度で絞られていることを考えると、
論理的に6、7割以上の勝率を出せることになります。

エントリーの材料は水平線しかないので、
注力するポイントや分析するポイントが1つに限られており、
やればやるほど、常識的に分析の精度が高くなり、それに比例して勝率も高くなります。

暴露話とか調べてるんだけど、書店で売っている本とは違って
本当に効果がある、という感想もあるね。

実はこれをやり出してから全勝です。

待つことが普通になったので、ポジポジ病も治りました。

その理由として、それらのLogicalFX(ロジカルFX)はボリュームはありますが、
殆ど勝つための具体論が書いてなかったことです。

LogicalFXを購入して、1ヶ月経つ者です。

自分はfxを始めて2年程経つのでLogicalFX(ロジカルFX)は3日で読破しました。

正直、ラインだけで、ここまで掘り下げているものは見たことがありません。本当に関心するばかりです。
一応、直近の自分の成績を添付しておきます。

以前の自分だったら、エントリーする具体的なポイントすら考えられなく、某証券会社の配信サービスなども使ったことがありますが、殆ど勝てませんでした。今回はLogicalFX(ロジカルFX)で学んだロジックと、ブログの記事との両方でシナリオを立てられるので、非常に信頼性があり、自信を持ってエントリーできました。
今回はそういったことがないように、色々調べて購入しましたが、読んでみると、一つ一つの章が、これまでのLogicalFX(ロジカルFX)に比べて比較にならないほど一つ一つが掘り下げてあることにビックリしました。
具体論が満載です。

恥ずかしながら、有名どころを含めてこれまで色々な裁量LogicalFX(ロジカルFX)を購入しました。

一向に成果が出ませんでした。

見て分かる通り、ブログ記事で書かれていた「今週のシナリオ」を基にエントリー対策を練りました。

LogicalFX(ロジカルFX)でなぜそこがエントリーポイントなのか自分なりに考えてから
エントリーしました。

今、自分はインジケータを外せずにいますが、正直、邪魔になるぐらいです。

こういった感覚を覚えるのは、きっとfxは抵抗線とダウ理論だけで十分なんだと
理解しはじめたからだと思います。

2ヶ月前までは負けが続いていたので、FXに可能性を感じなくなっており、
今度こそはと思ったのですが、今はfxが楽しくなりました。

早くポジションを持ちたいです。

っていうのは、信用していいのかな?

本当に効果があるのなら、
私も試してみたい。

→詳細はこちら