ヨシエの備忘録

忘れないように残していきます。

Pocket

日経225マスタープログラム Mr.Hilton ミスター・ヒルトン通販 2ch(2ちゃんねる)での検証

→詳細はこちらをクリック

悩みを具体的に解決してくれると口コミで話題になっているのが、
Mr.Hilton ミスター・ヒルトンさんの「日経225マスタープログラム」なんだけど・・・

買っても大丈夫かな?

噂は本当?嘘っぽい?

どんな内容か調べてみたら、

すでに専業トレーダーとしてちゃんとした利益が挙げられているのであれば、
何が良くて何がダメなのかを見極める審美眼は備わっているはずですよね?

・簡単なものから難しいものまで順序立てて解説

・図やテロップなども交えて徹底的に解説。

トレードが本業、ということは、すなわち生活できるだけの利益をあげられているということになります。

このような部分に気を付けて構成していますので、
あなたの足りない部分をピンポイントに補うこともできるでしょう。

それであれば、自分とは別の手法で稼いでいるトレーダーの良い部分だけを吸収し、
日々のトレードに生かすということもできるはずです。

書籍などで学ぶよりもずっと効率的に本番トレードへたどり着けるでしょう。

シンプルで応用の利きやすい225ならば、今実践されている投資種目と併用して学習することもできます。

すでに安定した利益を上げている方ならばすぐにご理解いただけると思いますが、
今よりももっと高い水準の利益を望むのであれば、
今のトレードに何かしらのプラス要素を足さなければなりません。

生半可なものを足せばプラスどころかマイナスになってしまう可能性もあります。

そんな方にでもご満足いただけるように、
「日経225マスタープログラム」のカリキュラムには、
いま得ている利益を増やすためのさまざまなヒントが含まれています。

この「日経225マスタープログラム」をご覧の方の中には、
私のように既にトレードを本業にしている方もいらっしゃるかもしれません。

そこでオススメしたいのが、
あなたと同じくトレードで生計を立てているプロトレーダーのやり方を参考にするというやり方です。

そのヒントのひとつとして、私が8年間無敗でい続けられたノウハウが凝縮されているという点があります。

主題である「225で生計を立てる」という部分はクリアされているわけですね。

いま現在225以外の投資種目をやっているプロトレーダーさんもチャンスです。

あと、このサイトがあったよ。

「日経225マスタープログラム」で見落としがちな基礎部分をもう一度おさらいし、
今の相場に合った手法を「上級編」で身に付け、明るい資産形成をしていっていただきたいと思っています。

そうなれば、投資で資産を増やすのはもはや普通の資産運用とも言えます。

それはズバリ“基礎”だったりするんですね。

あなたが幸せに暮らしていくためならば、私はどんな労力も惜しみません。

動画内でのアシスタントさんは投資歴が浅く若い女性ですので、
あなたがトレードを始めたころと同じ、純粋な目線で基礎知識を見直すことができるでしょう。

一見、基礎というのは初心者トレーダーが躓く部分だと思われがちですが、
熟年トレーダーさんが基礎を疎かにしてしまいがちなのにはちゃんとした理由があります。

相場が流動的であるならば、手法も相場に合わせて少しずつマイナーチェンジしていかなければなりません。

例えるなら、レンジ相場の時にトレンド相場用の手法が使えないのと一緒です。

確かに手法やテクニカルに比べて変化は少ないですが、基礎的な要素や技術も
「日経225マスタープログラム」では、「初級編」よりもさらに基礎的な「初心者編」から
みっちりと投資技術を学ぶことができます。

すでに今の相場には通用しない古いものになっている可能性が高いんです。

投資歴30年と豪語する熟年のベテラントレーダーさんの多くが疎かにしがちなことって、
何だかわかりますか?

トレードの根本を修正することで改善されていくかもしれません。

大きな理由として、相場が刻一刻と変化していく流動的なものである、という点が挙げられます。

それはトレードの基礎にも同じことが言えるでしょう。

銀行にお金を預けたって、スズメの涙ほどの利子しかつきません。

この先、老後に不安は残したくありませんよね?

投資歴30年の熟年トレーダーさんが最初の頃に身に付けた基礎知識は
ここ最近、過去に比べて思うように利益が上げられなくなっていたりしていませんか?

相場や時代の移り変わりによって少しずつ変化しています。

もしくは、もっと勝ちたいのになかなか成績が振るわなかったりなど。

ぜひ、一緒に安定した老後を手に入れましょう。

っていうんだけど、
そんなにうまい話、あるかな?ちょっと怪しい?

でも、なぜか気になるんだよねー。

→詳細はこちらをクリック