荒木式 糖尿病改善プログラム 最安値? 荒木裕 崇高クリニックの経歴と実績は?

荒木式 糖尿病改善プログラム 最安値? 荒木裕 崇高クリニックの経歴と実績は?

→詳細はこちら

荒木裕 崇高クリニックさんが書いた「荒木式 糖尿病改善プログラム」では
悩みを具体的に解決してくれるみたい。

9月に虫刺されで病院に行き血液検査をしましたが、
ヘモグロビンA1C/LAが5.2% インスリン空腹が9.8μU/mLで、いずれも正常範囲内でした。

罪悪感なくおいしいものだけを食べますので、食事は楽しいものになっています。

荒木式 断糖食後は早朝血圧も120前後、下は80前後になりました。

体重が荒木式 断糖食前は65kgほどであったが2ヶ月ほどで58kgまで減りました。

血糖値は26年前に定期健診で120ぐらいになったのがはじめての異常でしたが、
その年頻尿や、渇き、歯周病、性欲減退となり死を覚悟して墓をつくりました。

実際の体験談でも評判がいいし、本物のマニュアルかもしれない。

一番嬉しい事は、体重が81Kgから64Kgになり17Kg減少した事です。

実践しましてから、ヘモグロビンA1cは下がりましたし、糖尿病の薬も2種類から1種類になり、
量も4錠から1錠になりました。

「荒木式 糖尿病改善プログラム」を実践してみようと考えた一番重要な事は、
荒木裕先生が京都大学医学部卒業という学歴です。

「荒木式 断糖食」は、私にとっては難しくありません。

もうひとつは、医師であり、アメリカで栄養学を研究していらっしゃった事です。

血圧の薬も3種類から1種類になりました。

私立大学卒では選ばなかったでしょう。

痩せたせいなのか、血糖値のコントロールが良いのか、血圧は低血圧ぎみですが、
以前よりも昼寝もせずに、良く体を動かせる様になりました。

せめて今から20年前に「荒木式 断糖食」を知っていましたら、
糖尿病と高血圧による軽い脳血栓や境界型糖尿病性腎症にはならなかったと思うと残念です。

身長は181cmあります。

炭水化物=糖は三大栄養素のひとつであると教えられてきましたので、
主食と言われております「米」や「野菜」などは、本来好きではありませんでしたが、食べていました。

私の糖尿病は3代目の遺伝10代頃に「荒木式 断糖食」を教えられていましたら、
きっと糖尿病にはならなかったと思われます。

糖尿病を改善するのには、炭水化物を摂取しないという理論は、良く理解できます。

っていうのは本当なのかなぁ?

一度こういう教材買ってみたいんだけど
インチキや役に立たなかったら嫌だしなぁ・・・。

→詳細はこちら