荒木式 がん対策プログラム 荒木裕 崇高クリニック実態と購入者の声(体験談)

荒木式 がん対策プログラム 荒木裕 崇高クリニック実態と購入者の声(体験談)

→詳細はこちら
ある時 腫瘍マーカーを測ったところ2年前の数値に戻っていたのです。

早速 入院して「荒木式 がん対策プログラム」の断糖食を始めると どんどん体調が良くなっていきました。

60代の男性の方で 以前から血便があったそうなのですが
風邪をひいて病院へ行ったのをきっかけに検査を受けてみたところ 末期の大腸がんが分かったそうです。

病院主催のピクニックなどのイベントにも積極的に参加されるようになって 状態は非常に良くなりました。

あっという間に腫瘍マーカーが40000という値になってしまったそうです。

抗がん剤の治療を受けることになったそうですが 腫瘍マーカーはどんどん悪くなる一方で
その上 髪の毛は抜ける 身体はベッドで横になっていても辛いという状態が続いて
「こんなに辛いのなら死んだほうがマシだ」
と思ったら抗がん剤をやめて また元気になってくると抗がん剤をするということの繰り返しだったそうです。

いろんな人からガンが良くなるという食べ物を聞いて
果物や野菜の根菜類など糖分をたくさん含んでいる食べ物を1ヶ月間摂取し続けたそうです。

断糖というまったく逆のことをしている病院があると聞いて崇高クリニックへ来院されました。

崇高クリニックの患者さんは 体調が良ければ日中はできる限り外を散歩して太陽の光を浴びてもらうのですが
この患者さんも体調が回復してきたので 日中は散歩に出られるようになりました。

腫瘍マーカーの1つが5000あったのが 10000になり20000になってしまったそうです。

患者さんは大変喜んで さらにやる気を出して「荒木式 がん対策プログラム」の断糖食をされていました。

退院されて その後のお話は聞いていないのですが
来られた時と帰られた時の状態に雲泥の差があったので 強く印象に残っています。と話題になっているのが、
荒木裕 崇高クリニックさんの荒木式 がん対策プログラム。

実際の購入者もその効果を実感してるみたいだけど
そう簡単に行くのかなあ。

一時は会社に戻ってお仕事をされるまで回復していました。

最初は苦しくてもう1ヶ月か2ヶ月という方がお仕事にも戻られて 私たちもとても嬉しく思っていました。

なんとか頑張って少しでも良くなればということで 一生懸命に頑張られました。

2回目の入院では 「荒木式 がん対策プログラム」
の断糖食だけではなくもう少し積極的に体をアルカリ性に保とうという治療が行われ
腫瘍マーカーのCA125という値が 一旦は正常値に戻るほど回復され 非常に喜ばれていました。

これなら私も頑張れるとおっしゃっていました。

3週間ほど入院されて 用事があって一度帰られて
やはり「荒木式 がん対策プログラム」の断糖食をすると体調が良くなるということで
1週間くらいしてまた戻って来られました。

とにかく日常生活が辛いということで 崇高クリニックへ来られて治療を開始しました。

お家に帰ってからも 電車を乗り継いで1ヶ月に1度くらいこちらにも顔を出して下さっていました。

卵巣がんで30歳代の女性の方ですが 両肺に転移してしまって呼吸も苦く もう何ヶ月も持たない
あと2ヶ月くらいかなあという感じの方でした。

その頃になると見た目も美しくなって 金髪のカツラをされていたのですが
外国人に見間違われるほど美しくなって よもや病人ではないのではないかと思える程でした。

最後まで病院に入ることもなく お家でそのまま亡くなられたとのことでした。

一時はそこまで良くなられて 寿命を全うできたのではないかなあと思える患者さんでした。

このままいけたらなあと思っていたのですが 残念なことに治療開始から1年半くらいでしたでしょうか
亡くなったという話をお聞ききしました。

ところが今まで食べていたものと大変違いますし その上ガンの末期ですから本当にお辛そうでした。

実際の体験談や感想でも評判いいし、
試してみる価値はあるかも。

→詳細はこちら